Tomix #2149 EF58 60 1

Tomix EF58形60号機の修理 1

私が高校生の頃に買い与えてもらったTomixのEF58形60号機 “お召し予備機” 。
61号機ほどの著名さ、華やかな経歴はないものの、お召し列車運転時の万一のバックアップという重責を担うために生まれながら、後年は貨物牽引運用を主業務として活躍した機関車…というストーリーは私が語るまでもないですね。

そんな “庶民派名脇役モデル” (?) についての思い出をひとつ。

(さらに…)

Read More

Model icon セキ1000 7

モデルアイコン セキ1000 カプラー改造モニター

気がつけば…

年が暮れ、そのまま年が明けてしまいました。

“師走” は言葉の由来通り本業が忙しく、ブログはおろか模型どころではなく…。
また年末年始についてもぶっ続けで殆ど家を空けていたため久方ぶりのポストとなってしまいました。

本業の方はだいぶ落ち着いてきたものの、”忙しいこと” とは遠回しには “儲かる (かも?) ” ということでもあると思うので、誰しも一概には否定できないでさぁね。ワークライフ (ライス) バランスというやつでしょうか。

ことしもゆるりと “甘め” に宜しくお願い致します。m(_ _)m (強引)

2015年 “始発便” は自身初のモニター記事 (!?)

本記事タイトルのモニターですが、実はモデルアイコン様のセキ1000形キットについて、カプラー改造に伴うモニター記事を書かせて頂く機会を頂いておりまして…。
本来ならば12月末までの予定でしたところ、私事都合で遅ればせながらの公開となりましたこと、この場を借りてお詫び申し上げます。

それでは、以下本題の記事内容となります。

 ↓↓↓

(さらに…)

Read More

Greenmax クロ157

“めっけもん” 貴賓電車 クロ157形

蒸し風呂の都・KYOTO

僕は元気です…忙しいけど。

いやはやちょっとご無沙汰してしまいました…。

京の”お盆”の内側は毎日ムシムシ、「セントラルドグマ」を豚まんにしてその内側に居るような蒸し暑さ (逆に伝わりにくい) で大変ですが、みなさまいかがお過ごしでせうか。僕もう肉汁汗まみ (ry

ちょっと暑さで心が乱れました。

ロードバイク通勤では汗がタラタラ、炎上した肌を冷やす間もなく職場の朝礼に参加するので毎朝大変です。みなさんよくそんな涼しい顔したはりますね (特に女性陣) …あ。汗かきは私だけですかそうですか…。

このあいだ同い年の営業さんが「東京と比べても京都の蒸し暑さは異常」言うてしんどそうにしてました。おいオマエ京都出身…。

閑話休題。

そのロードバイクで、自宅の近所 (といっても片道5kmくらい) にある模型屋さんに先週末はじめて行ってみまして。
昔ながらの模型屋さんという感じで、店頭の陳列はプラモデルの山の方がボリューミーに感じましたが、どうやらNゲージのストックはお店の奥で管理されてるようでした。

この日のお目当てはTomixのサハ208 (京浜東北線) のデッドストック品だったのですが、その模型店さんで思わぬ拾い物をしました。
…いや “してしまいました” と書くべきか (苦笑)。

(さらに…)

Read More

日本の貨物列車 貨車移動機 (国鉄色)

週刊 日本の貨物列車 定期購読特典「貨車移動機 (国鉄色)」

真実と幻想と

“写真と異なる”と言われてもこれは…

どうもこんばんは、週末いかがお過ごしでしょうか。
今週は前回の103系の加工を進めた程度なので、週刊「日本の貨物列車」に絡むクルマなぞをご紹介したいと思います。今夜は定期購読特典の貨車移動機を。

日本の貨物列車 貨車移動機 (国鉄色)2

「週刊 日本の貨物列車」は定期購読を申し込んだユーザーへの特典として「ピンバイス & ドリル刃」のセットと「貨車移動機」のミニチュアがプレゼントされたのですが、この移動機のサンプル画像と実物のギャップで、某匿名掲示板ではなかなかの “騒ぎ” になったようです (苦笑)。

私もややこの移動機目当てで定期購読を申し込んだようなクチなのですが、事前に情報を得ていたものの現物を手にするとなかなかの衝撃でした…。

(さらに…)

Read More

週刊 日本の貨物列車 ケース収納

週刊 日本の貨物列車 第34号「ツ4000形」

至高のコレクション!? 劇渋”貨車コレ”で昭和を嗜む

すみませんすみませんすみm (略

「週刊 鉄道模型 少年時代」を遊び切ってないのに別のパートワークに手ぇ出してすみませんすみません (><;

一時期テレビCMをちょくちょく流していたのでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、パートワークモノ定番の創刊号割引ってヤツで第1号のワム70000形を手にしたが最後、定期購読で37号までやって参りました (汗)。
最後 (いつ…?) まで購入するとそこそこ大きなレイアウトが出来上がるというもので、現在までのところおおよそ4号に1号のペースで”ミニチュア”付録が付属しています。

本来の発売日は毎週水曜日で、定期購読者には4週間毎に1回4冊にまとめて届くのですが、先週には届いているハズと計算していたのですがなぜか本日到着…。
ゴールデンウィークの時も結構ズレ込んだのですが、どうやらこれがアシェット・クオリティーのようです。

ターゲットとする層やテーマ、完成時に要するスペース等から鉄道模型ユーザーでも比較的年齢層が高めの層にリーチするようなもののせいか、ネットを彷徨ってみても私と同じように定期購読をしている方の情報を見つけられていないこともありますし、どーせレイアウト組むのはまだまだ先ですし、ただ集めるだけというのもアレですので、折角ですから少しずつご紹介していきたいと思います…どれだけ後ろ向きな理由なんだ (笑)。

(さらに…)

Read More