Tomix JRホキ800 5

Tomix ホキ800をブックケースに収める

こんにちは、少しご無沙汰のポストですね。

以前の記事で紹介した、ケースなしの状態で入手したTomix製のホキ800ですが、その後もずっとケースなし状態のままで、いつか整理しようとは思いつつも、適当な紙箱に収めたままになっていました。

私の場合、ブックケース類をまとめて整理する場所に収まらない “ハダカ状態” にあるクルマたちは、部屋の一角にある、仕掛品や着手中のキットの元箱を収めた場所に保管しているのですが、しかしそれらをいつまでもそのままにしておくのもアレなもので、いい加減に手頃なブックケースへ収めようと思い立った次第で。

(さらに…)

Read More

Tomix #2149 EF58 60 1

Tomix EF58形60号機の修理 1

私が高校生の頃に買い与えてもらったTomixのEF58形60号機 “お召し予備機” 。
61号機ほどの著名さ、華やかな経歴はないものの、お召し列車運転時の万一のバックアップという重責を担うために生まれながら、後年は貨物牽引運用を主業務として活躍した機関車…というストーリーは私が語るまでもないですね。

そんな “庶民派名脇役モデル” (?) についての思い出をひとつ。

(さらに…)

Read More

Tomix Cタイプディーゼル機関車の歴史 1

Tomix製 Cタイプディーゼル機関車の歴史

CタイプDLの “いろいろあってな…” をご紹介

コレクターの端くれ?にとっては、過去の歴史や経緯を遡って「あーでもない、こーでもない」と思索を巡らせるのも楽しみ方のひとつ。以前のレストアをきっかけに過去のカタログを眺めていたところ、製品ラインナップまわりで思っていた以上に変遷があったことがわかりましたのでご紹介させて頂きます。

殆ど勢いで書いたのですが、今回の記事は珍しく長めです (笑) 。

(さらに…)

Read More

Tomix Cタイプディーゼル機関車 緑 6

Tomix製 CタイプDLレストア 2日目 (完)

早めの “師走” …

こんにちは、珍しくも日が高い時間の更新です。
一昨夜の話ですが、件のCタイプのメンテを敢行しました。

ごくごく個人的なことですが、ちょっと来週から仕事が忙しくなりそうな気配でして、チャチャッとできる事なので片付けた次第で (汗) 。担当プロジェクトが落ち着いてきたのですが、逆に周囲のメンバーは年末に向けて佳境を迎えつつある状況で、そこに降り掛かった中規模?案件で白羽の矢が立ったと…。

全力で立った “矢” を倒しにかかったのですが、”傾く” 程度にしかできませんでした (爆) 。

(さらに…)

Read More

Tomix Cタイプディーゼル機関車 緑

Tomix製 CタイプDLレストア 1日目

ちいさな機関車を “救出”

こんばんは。珍しくも2日連続の投稿です (笑) 。

先の連休中、Nテツモの中古販売を行っている某チェーン店へパーツ購入 (新品) が目的で寄り道したのですが、またしても “偶然の出会い” が!?
何の気なしにジャンク品の陳列棚を眺めていたのですが、今回ご紹介するTomixのCタイプDLが目につきまして。
↑↑ この時点で既にかなり「偶然さ」が薄れてる ↑↑

TomixのCタイプシリーズは以前より収集しているカテゴリーの一つなのですが、たまたまこの緑色のカラーリングはまだ入手していなかったため手に取ってみると「動力不調」の文字が。「不動」ではなく「不調」というところが気になりますが、「まぁ “調子は悪いが動かないでもない” ってことだろ〜」程度に考えてお買い上げ。

コンディションもさることながら、元箱欠品してはいるものの私的にはそこまで重要な “コレクション” という位置づけのクルマではないため妥協できる範囲ですし、「2k円」という価格設定も「こんなもんか」という感覚でした (※) 。
例え動力が (ギアが揃った状態で) “死んで” いたとしても、1k円だったら出せるかなぁ…あ、でもモーター調達するとしたら赤字になるか (苦笑) 。

※メーカー希望小売価格が 3k円 (外税) なので、中古のこのコンディションで決して安くもないのですが…。

(さらに…)

Read More

Tomix ED76 1000形 JR貨物カラー

JR ED76 1000形 JR貨物カラー

愛着とは製品のクオリティとは比例しないもの?

こんばんは。
今夜は以前記事にすることを着想したものの、書いたり推敲したり下調べしているうちにズルズルと流れてしまっていたネタを (苦笑) 。

このナナロクは未使用品をネットオークションにて落札したものなのですが、一応中古扱いながらも店頭長期在庫品のようなコンディションの良さで、中古品購入の多い私も普段こそ無難なものばかり、やや慎重に手を伸ばしているのですが、コンディション的には久々の「当たり」だったと思います。

動力のコンディションもすこぶる良く、この時代の製品お決まりの「ジジジジ…」という走りに心の中でブロアー音を重ねれば気分は北九州です (笑) 。

Tomix ED76 1000形 JR貨物カラー 2

そしてこの懐かしのJR貨物ステッカー。

普通に考えれば製品化の承認を下すたびにシール作って、それを全製品に貼るっていうんだからコストは恐ろしいことに、というのは素人にも想像に難くなく。それとも一定期間の基準などで複数製品まとめての管理だったのでしょうかね。
…これ現在の基準で、かつ中国生産でやろうとしても単価で数百円上がりかねないですよね?

(さらに…)

Read More

Tomix JRホキ800

傷ついたホキ800がこちらを見ている…

仲間にしますか?

 はい
   いいえ

こんばんは、少し間が開いてしまいましたね…。

ここしばらく仕事が詰まり気味だった上に、東京から旧友の来訪による日帰り撮影行やら、週末の職場会議やらと、先週末も含めてほとんど休息ばかりの休日になってしまいました。

肝心の模型の方は部品調達待ちの案件が多く、またその部品も大阪に出ないとだめかな〜?という状況です。色々廻ってはみたものの、やはり銀河モデルやタヴァサ辺りのパーツの品揃えは日本橋の量販店あたりが一番揃ってますでしょうか。
以前梅田で勤めていた頃は歩いて5分程度でマッハ模型に通える距離だったので、ある意味恵まれていたかもしれません…趣味に関しては。(仕事に恵まれていたかどうかは聞くな。)

下京エリアで数件老舗のショップがあり、そちらでは手に入りそうではありますが、あまり下調べしていないのと、店主がクセのあるお方という情報が先行してしまい、ちょっとなかなか足が向かないということもあります。先入観ヌキで行動すべしってことですかねぇ…あとは通販か。

そんなこんなであまり書くネタにも恵まれていないのですが、少し以前にネットオークションで中古品のTomix ホキ800を入手したのでそのお話を…。

(さらに…)

Read More

Tomix E1系3

JR E1系 “Max” (旧塗装) レストア2日目

とりあえず元通りに…

“いまさら” からの “いきなり”

どうもこんばんは。

前回の記事で、いまさらながらネタも冷めきったE1系のレストア話をご紹介しましたが、いきなりレストア終了のお話に飛びます (苦笑)。
終了といってもゴールはフル編成ですので、正確には「第1期工事完成」といったところでしょうか。

  1. 分解
  2. メーカーに補修用パーツ在庫を問合せ
  3. 交換修理用のライト基板部品を発注
  4. 脱落パンタ・カプラー破損交換用の台車枠を注文
  5. ボディ色差し剥がし・洗浄
  6. 窓ガラス磨き・取付
  7. 破損可動幌・台車枠の交換修復、脱落パンタ復旧
  8. 欠損ライト基板の復旧
  9. 組み立て・試運転 ←いまここ

(さらに…)

Read More

Tomix E1系

JR E1系 “Max” (旧塗装) レストア1日目

お古でも愛情を注ぐよ!の巻

ダメージも “Max” (満身創痍的に)

みなさまこんばんは、シャワーの “シメ” に浴びる冷水が心地よい季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

私の方はといえばここ何日かの間、Tomix E1系旧塗装のレストア作業に着手していました。
また違う作業に手を付けたのか とか言わないでください。(><;

実車はかくもあっけなく引退してしまいましたが、手元の模型の方では何とも中途半端なことに現在5両だけが存在しておりまして。
私がもう大昔となる中学生の頃に知人より譲り受けたもので、下手な色差しなぞをしてしまっている状態で、専用の車両ケースもないためなかなかの傷だらけになってしまっている状況です。

Tomix E1系2
※お目汚しが酷いのでこの画像は拡大できません (苦笑)。

元々は恐らく “SD-Max” (品番 #90010) というTomixのスターターセットに同梱されていた3両に、増結用車両として用意されていた中間車 (E158-100形) を足した4両で譲り受け、恐らくこのせいで車両ケースが無いものであったかと思います。
その譲渡スタメン4両 (?) に、量販店などではあまり見かけなくなった増結用中間車を買い足していっておりまして、最終的には12両フル編成にすることを目標にしているのですが…。

久しぶりにストック箱 (のような何か) から引っ張りだしてみると、なかなかこのレストアの道のりはハードなことがわかりました。

(さらに…)

Read More

週刊 鉄道模型 少年時代 レール試運転

週刊 鉄道模型 少年時代 2日目

出端を挫かれるお話 (最速)

ボード組み立てから、いざ制作を”出発進行”

みなさまこんばんは。

このワークではマガジンの通りには進めないことは 前回 書きましたが、制作を進めるにあたりいち早く完成形のイメージを掴むには、やはりまずはボードにレールと主な建物を配置するところからと思います。
そこで今日は、レイアウトの基礎となるボードの組み立てを進めました。

このボードを組み立てようと考えているその時、まだ後に起こる悲劇 (?) を私は知る由もありませんでした…。

関連各号

  • 鉄道模型 少年時代 第9号 (木製ベースA)
  • 鉄道模型 少年時代 第10号 (木製ベースB)
  • 鉄道模型 少年時代 第11号 (木製ベース用パーツ)
  • 鉄道模型 少年時代 第12号 (木製ベースC)
  • 鉄道模型 少年時代 第13号 (木製ベースD)

(さらに…)

Read More